スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
|
2013年 09月 30日 |
愛しのVAIOたん(ほもげーむせんようましーん)をビックカメラの修理センターに持ち込んで「一応電源は入るんですけど、使ってるとすぐに電源が落ちちゃうんです」と症状を説明したら「おそらくマザーボードが逝っちゃってます。VAIOだと修理費10万円コースですね☆」って笑顔で言われて血の涙を流した(わたしの大蔵省が)。

じゅうまんえんってなんじゃぼけこら。
新しいパソコン買ったほうが安いやないかぼけこら。
中の写真データ取り出したいなら修理しかないですね、じゃねぇぞぼけこら。
写真は所詮無機質な画像データだけどな、乱痴気台湾旅行とか地獄の二日酔いのツインリンク茂木とか女子とキッスしまくった友達の結婚式とか、死にたい素敵な想い出はじゅうまんえんじゃ買えねぇんですよぼけこら。記憶から抹消したい素敵な想い出がじゅうまんえんで手元に戻るなら安いモンだわ払ったるわぼけこらうそです今月の電気代で素寒貧です!!!!!

そんなわけで、もちろんじゅうまんえんなんぞ払えないので泣きながらパソコンを持ち帰り、パソコンマニアな友達に聞いたところ「マザボが逝ってたら電源すら入らないから」っていわれました。

え………?
電源入るっちゅうねん。
あの修理センターなにデタラメ言うとんねん。
そらおもっくそ胡散臭い関西弁にもなるっちゅうねん。
とりあえずセーフモードで立ち上げて写真だけは取りだせたので、VAIOたんは窓から投げ捨てました。


ほもげーむ が ぷれい できない おまえ は ようずみ だよ☆


てのは冗談で、おそらく電源回りが熱暴走してるんじゃないの?って事で、友達に診てもらうことにしました。


分解してファン掃除してもらったら直った。


おいいいいいいいいいい!!!!
ビックカメラァァァァァァァァ!!!!!!!
よくもまぁ簡単に10万円とか言いやがったなコラァァァァァァァ!!!
おまえはわたしに何の恨みがあるんじゃボケェェェェェェェェェ!!!!!!!
これはクレームだ!本部にクレームだ!ビッカメ潰す勢いでクレームだ!と思いましたが、とりあえずほもげーむが出来て現状概ね幸福だし、生まれてこのかた概ね幸福だし、別にいいか、と思いました。


*****


そしてわたしはモンハン廃人となりました。
郵便屋さんアイルーがかわいくてかわいくて、ゲームがまったく進みません。

「ニャ、ねむくない」
「ニャ、おしごとがんばる」

などとゲロ吐くくらい可愛いことを言いやがります。
あまりのかわいさに、動揺してしまって涙ぐんだりしています。
わたしはもうリアルなんて見たくないの。
モンハンの世界でいきていくの。
死ぬって何。生きるって何。
とりあえず仕事しろ。
はい。
[PR]
by samuge-nikukyu | 2013-09-30 13:49 | 世迷言 |
2013年 09月 03日 |
この木彫りクマなら欲しいクマー!
表情が可愛らしすぎるのだぜ…!
d0057595_1505728.jpg
そんなことより。
ノートパソコン壊れた\(^o^)/
わたしのほもげーむせんようましーんが。

なんかコピーしてもらったDVD突っ込んだら電源落ちちゃって、その後何度電源入れても数秒と持たないんですけど…。
DVDのせいなのか、ソニータイマーのせいなのか、ほもげーむをいれすぎたせいなのか…。
こんなに立派にほもげーむせんようましーんとして調教してしまった子を、どのツラ下げて修理に出せというのだ…。
ていうか、パソコンってどこに持ってけば修理してくれるんだろう…。


*****


こないだ近所のバーでぺろぺろとお酒を呑んでいたんですけれども、同居人が泥酔して壊れました。
完全にすわった目、意味のわからない発言、酔っぱらいの口癖「だいじょうぶ、よってない」。
だめだこいつ捨てて帰ろう、と思いましたが、コレ置いて帰ったらお店に迷惑だし…と思ったので、がんばって持って帰りました。
店を出たら「たこ焼き屋にいく!ぜったいいく!」とゴネるオッサン、「いかねぇよバカ!」とタクシーに放り込もうとするわたし、ぜったい動かないオッサン。
身長が20センチ上の人間を引きずるって難しいのよ…。
なんとかなだめすかしてタクシーに押し込んだら「ラーメン!ラーメン!運転手さんラーメン屋でおろして!」とゴネるオッサン、「行きません!行かないでください!そこ右折です!」と全否定するわたし、酔っぱらいの意見よりわたしの意見を尊重してくれる運転手さん。そして洋楽をガンガンにかける運転手さん。わたしたち、それでかき消さないといけないくらいうるさいのかしら…ほんとすいません……!と思いつつマンション前で下車、爆音で洋楽がかかっていたのはタクシーじゃなくって、オッサンの携帯プレイヤーでした…。
マンションの階段を1段上がって3段落ちるオッサン、後ろから押してたけど面倒くさくなって「頭だけ打たなきゃいいや」と諦めるわたし、壁に激突してライターとイヤホンを破壊するオッサン。
なんとか3階に辿り付いたらガスメーターが設置してあるドアを開けそこにたてこもるオッサン、もはや菩薩の心境に達しているわたし。
玄関を開けた途端に機敏になりトイレにかけこむオッサン、そのまま寝るオッサン、ひっぱたいて引きずり出すわたし、布団に投げつけられるオッサン、そのまま寝るオッサン、菩薩の慈しみにより生あるものすべてを救ってあげた気分で眠りにつくわたし。
むくりと起き上がり、おもむろに卵かけ御飯を作って立ったまま食べだすオッサン、さらにカップ焼きそばを食べ、不味い、と言い残して再び寝るオッサン。
翌日。カップ焼きそば以外の記憶が無いというオッサン。


………って事があったんすよ!酔っぱらいってサイテーですよね?????と愚痴るわたしに、先輩が言いました。


「それ、いつものお前だよ」


…え?

……え?

………はぁ???
[PR]
by samuge-nikukyu | 2013-09-03 19:43 | 世迷言 |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon