スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
オシャレってなんだろう。
2009年 05月 15日 |
うちの編集部は、基本的に服装が自由です。
みんなガイアが囁くような歳でもないので、ユルユルな格好で出社してきます。

ボス:丸襟シャツの上にVネックシャツを重ね着
重ね着っていうか、寒いからもう一枚着てみたら偶然Vネックだった、っていう。ちなみにシャツの首はどれも伸びきっており、ボートネックばりの広がりを見せています。こないだ新しいシャツ着てたんでよく見てみたらクロムハーツのでした。本人曰く「クロムなんとかは知らないけど、黒かったから買った」そうです。わたしもクロムハーツはよく知りませんが、とりあえずクロムハーツに謝ったほうがいいと思う。週の半分くらいはスーツ(しかもアルマーニ、靴はフェラガモ)で出社するため、ギャップが激しすぎてむしろ萌えます。

編集長:着古してスケスケになった白シャツの“下”にサスペンダーを着用
この人は「服装に無頓着」というレベルを遥かに超越しています。サスペンダーを本来の目的である「ズボンがずり落ちないように」している人も最近稀ですが(TBSの斎藤哲也アナくらいか)、なぜ素肌に装着するのか。ちくびを守りたいのか。こないだなんて「男は丸刈り」って書いてあるシャツ着て、本人も丸刈りになっていたのでビビりました。シャツに影響されんな!そしてわたしのおされな穴開きジーンズを見て、気の毒そうに「穴、開いてるよ?」っていうので、いたたまれなくなります。すいません、わたしアップリケでもつけたらよいのでしょうか。


*****


ええと、何が言いたかったかといいますと、オシャレにおける絶対防衛ラインを軽々と超えている2人を見ていると、わたしなんてまだまだだなと。あの2人に(仕事で)追いつくには、まず服装から見習わねばなと。そしてタンスの整理中にカッとなって30着ほど古着屋さんに叩き売ってしまったら、着るものがなくなりましたって話です。

バカか・・・オレは・・・!
[PR]
by samuge-nikukyu | 2009-05-15 00:59 | 世迷言 |
<< 猫の抜け毛がものっそい ページトップ これが本当の3分クッキング >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon