スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
ストレイト・アヘッドなスピンでアフロ・キューバンなジャズ②
2014年 06月 05日 |
<2日目>
朝イチで、前から食べたかった鹹豆漿(シエンドウジャン)が食べられる世界豆漿大王へ!
鹹豆漿とは、豆乳ベースとは言っても甘くなく、中にネギや揚げパンなどが入り、スプーンですくって食べる台湾朝食の定番なのです!
d0057595_1421289.jpg
うん、おいしくなかったよ!!!!!

「しょっぱい豆乳にネギや揚げパン」って、コンポタにパンをひたして…みたいな、めっちゃ美味しそうなの想像するじゃないですか。
なんか酸っぱいの。
なんか酸っぱいのんがたくさん入ってるのん。
そんで大根もちとか蛋餅とか、朝からアブラっこいの一緒に食べちゃって、2人そろって胃袋きちゃったので、コンビニでコーヒー買って公園で寝ました。虫に刺されました。しょぼくれました。

そっからは特筆すべきハプニングもなく、ひたすら食べ歩き&市場散策&マッサージ。
夜になってから、改装して観光地っぽくキレイになった士林夜市へ。
以前は奥まった裏路地にあったチ×コケーキ屋さんが、出世してめっちゃいい立地に移動してました…!みんな好きだな、チ×コグッズ!!!
改装後の地下のフードコート初めて入ったんですが、地下だというのにガンガンプロパンガス使ってて、息苦しいほどの熱気と人に恐ろしくなりUターンして地上へ。
アカン、夜市は室内でやったらアカン。
わたしやっぱ南機場夜市くらいのローカルなとこが好きだわぁ…。
土曜日だった事もあり、地上も異常な混雑っぷりで、人に酔っちゃって道端に座り込んでいたところへ、友達からLINEが届きました。


インドに来てます。
心がやられてる。



あたしたちは、高校時代からの友人で、
あのころはふたりとも、ピーターパンと空を飛べるって信じていて、
あのころはふたりとも、人生って誰かがひいてくれたレールを進めばいいと思っていて、
あのころはふたりとも、まさか三十路すぎてレールもクソもねぇ荒野を素手で開拓しながら誰がどう見ても普通でない伴侶と共に酒に溺れて生きてゆくなんて想像もしていなくって。

あたしはいま、台湾の空の下でグロッキーになっていて、
あなたはいま、インドの空の下でグロッキーになっていて、
あたしたちはいま、あー、うん、まぁおかしな方向にインターナショナルだけど、楽しければいいよね!!!

ってことで、大好きな呑み屋「好小子海鮮店」で大量にお持ち帰りをして、ホテルで呑んで寝ました。
ちなみに台湾で美味しい焼酎に巡り合えないので、今回は日本から持っていきました、焼酎。
とにかく美味しく酒を呑みたいのだ、わたしたちは…!

ちなみに、インドにいた友人は以前にも登場したサタンです。
インド人の彼氏の実家に挨拶に行ってたんですが、後で写真見せてもらったら、めっちゃ「ウルルン滞在記」で笑いました。
いやー、国際結婚って大変そうだわ。

最終日に続く。
d0057595_16295530.jpg
すごく…大きいです…!(士林夜市にて)

d0057595_1630251.jpg
雙連駅近く、人生で一番美味しかった水餃子。
餡を包みたて&茹でたてで、その場で食べないとこの味は再現できないなぁ。
ちなみに右下の酸辣湯は、そこまででもない(笑)

d0057595_1632982.jpg
これも雙連駅近く、大腸麺線。
阿宗麺線とはまたダシが違って、めっちゃウマかったです。

d0057595_16333565.jpg
そして、マンゴーの季節にしか店をやらないというカキ氷屋さん!
わたし甘いもの嫌いなんですけども、これは何杯でも食べられる。

台湾はワンコもニャンコものびのびしとってステキ。
d0057595_16532298.jpg

d0057595_16533591.jpg

d0057595_16534324.jpg

d0057595_1653512.jpg

d0057595_1654748.jpg
あ、これ犬でも猫でもなくオカマタイガーだわ。

[PR]
by samuge-nikukyu | 2014-06-05 16:56 | 旅行 |
<< ストレイト・アヘッドなスピンで... ページトップ ストレイト・アヘッドなスピンで... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon