スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
すべての幻想を打ちくだくことから始めてみた
2014年 03月 18日 |
震災から3年なわけですけど、3年って恐ろしいほどあっちゅうまですね…。
この3年、楽しいことも辛いことも色々な出来事があったんですけど、過ぎ去ってみるとあっちゅうまなのよ…こうして人は歳を取ってゆくのだな…!

しかし3年どころじゃなくって、10年前も思い返してみればつい最近な気がするわ…。
10年前…麻布の企画会社に勤務していたわたしは、毎日深夜まで残業というストレスを発散するため、毎日仕事終わりから先輩と酒を呑み、明け方にタクシー帰宅、朝に酔ったまま出社という狂い咲きサンダーロードでデスマーチを繰り広げておりました。給料はほぼ全額麻布の呑み屋に撒きました。
よく正気でいられたな、10年前のわたし…。

あの当時の先輩達のその後の人生が怒涛すぎて、みんなみんな(わたし以外は)すごい、いい女で、いい妻で、いいお母さんだったのに。
すべてをあのデスマーチのせいにしないと、そうでないと、なにも説明がつかない。
逆に、そうであればすべてに説明がつく。

先輩1:結婚後、W不倫の末に離婚
先輩2:十数年連れ添った相手と離婚、婚活中
先輩3:順調に彼氏いない歴を更新中
わたし:ご覧の有り様です

今は10年前みたいな生活ぜったい無理無理無理、残業なんて1秒もゴメンだわ!
さっさとおうちに帰って酒を呑みながらツマミを作って猫様を抱えて寝るのよ!!
おうちだいすきーーーー!!!

*****

ゲイバーで泥酔していたら「俺が男だったらお前を抱いてやるのに!」と、めっちゃイケメンのガチムチ兄貴に言われて、ラブイズオールって素晴らしいとおもいました。むしろわたしがお前を抱きたい、とおもいました。持って生まれた身体的性なんて関係ないんだ、人間を形づくるモノは心なんだ!!!と開眼した後にビアンバーに連れていってもらって、ママがめっちゃ美人でさらに泥酔しました。節操なくてすいません。

10年前は25歳、3年前は32歳だったわたしですこんばんは。
というわけで、死んでから後悔しても遅いので、やりたい事やっとこうと思います。
オマエ今までもやりたい放題やってきただろ、というツッコミは置いといて、よし、お酒呑もう。
d0057595_13101323.jpg
わたくしも、これを座右の銘にして生きてゆこうと思います。

[PR]
by samuge-nikukyu | 2014-03-18 13:21 | 世迷言 |
<< つめ込むだけのメシを食べて 届... ページトップ ぼくがしまうま語をしゃべった頃 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon