スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
下りるはずの駅は後ろ
2013年 11月 01日 |
過去記事(という名の暗黒歴史)を、サクッと消してみました★

自分で読み返す事なんてほっとんど無かったんですけど、なんか最近「過去ログ全部読んだ!」などと言われる機会が増え、死に損なった死刑囚の気分になったので消しました。

己の足跡なんぞ振り向いたら死ぬぞ。

とりあえず人生の転換期かなと思って今の家に引っ越したとこまで消したんですけど、自分の過去がいつから黒歴史かって言ったら「1秒前!」と即答できるくらいには恥の多い人生を送って参りましたので、えーと、めんどくさくて全部消すの諦めた。

ていうかこのウンコブログ、2005年の5月からやってたんですね…!
わたしは8年と半年もの間、ワールドワイドウェッブに破廉恥な妄想を垂れ流していたのか。
いや、最初は「うちのさすけさんの可愛さを世界に自慢したい!アタシもついに猫ブログ始めちゃいましたァ★」っていう場所だったはずなんですけどね、気が付けば寝る間を惜しんで妄想をキーボードに叩きつける場所に様変わりしてました。ここ最近は妄想ですらなく、いかに自分の生活がだらしないかを書き連ね、恥の上塗りをするという自虐の場になりつつあります。
なにをやってるんだわたしは。

まぁ恥の上塗りついでにここ最近の愚行を振り返ってみますと、
1軒目で密造焼酎ばりに酔いが回る質の悪い爆弾ホッピーを呑み干し → 2軒目で自分の肝臓と相性最悪なキンミヤをボトルでぺろんぺろん開けて記憶を失い → 「もう帰ろう?やめて!おねがい!」と懇願する友達カップルを引きずって立ち呑み屋へ → 通りすがりの店に飛び込みケーキを買い漁る同居人 → 勢いで寿司屋へ行くも泥酔しすぎて財布が出せないわたし → 案の定スーパーに吸い込まれ焼売と煎餅とコーヒーを購入 → もちろん歩けなくてワンメータータクシー帰宅 → 焼売を食べながら家呑みを始める同居人 → 気絶するわたし → 翌朝、焼売を食べた記憶が無いと言いながらケーキをむしゃむしゃ食べる同居人 → 「二日酔い」でなくて「酔ったまま」出社するわたし。


これ、そのうち 死 ぬ ぞ。


そんなわけで、同居人の体調不良もあり、今週はお酒控え目な一週間でした。
あ、控え目なだけで一切休肝はしてません…。

吾妻ひでおさんの「アル中病棟」を読んだんですけれども、わたし今んとこアル中じゃないわ、だいじょうぶ。
もともと依存体質じゃないし、しっかり仕事もしてるし(ん?)、猫様の下僕もしているし。
「楽しい酒」が「楽しくない現実から逃げる酒」になっちゃったら止めどきなんでしょうね。
お酒とは一生良いお付き合いをしていきたい2013年。
もう11月やけど。

え?
まじで?
今年もう終わるの?
d0057595_16334689.jpg
お手てに装着できそうな爆睡すずこちゃん。
ああん、持ち歩きたい…!!!

[PR]
by samuge-nikukyu | 2013-11-01 16:43 | 世迷言 |
<< 弾丸列車はヴァカンスの終末へ ページトップ 胃液吐くまで >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon