スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
ぐっだっぐっだのホモ本がよみたい
2013年 03月 29日 |
朝起きて冷蔵庫をあけたら、買った憶えのない豆モヤシがみっしり詰まっていたでござる。


………や、やっぱりうちにはアリエッティがいたんだね!


信じてなかった、わたしどうしても現実の小人の存在を信じられなかった。
陳腐でありふれた表現だけど、小人は皆の心の中にいればいいんじゃないか、って思ってた。
友達を大切にする気持ち、知らない人にでも今日くらいはちょっと優しくなれる気持ち。
もっと言えば、みんなが誰かの小人になってあげようとする気持ち。
本当にいるのかいないのか、なんて次元の問題じゃないって。
誰もが小人になれるんだって。

いると信じれば、いるんだよ。
そして誰がなってもいいんだよ。

小人を信じるってことは、あなたのことを想う誰かが、あなたのために何かをする、そういうものなんだ。
だから、小人を信じる信じないなんて下らない水かけ論はやめて、わたしも誰かの小人になろう。


………ていうかモヤシといっしょに東急ストアのレシートが入ってたんですけど、これはなにかしら。


一緒に呑んでた友達んちの冷蔵庫には、野菜炒めセットとどん兵衛が入っていたそうです。
どうやらべろんべろん状態で帰宅途中、スーパーに寄ったみたいです。
なにをやっているんだ、わたしたちは毎週毎週…。

ああそうさ、小人なんて現実にはいねぇんだよ!いやしねぇんだよ!
アタシに豆モヤシを買ってくれるのは、アタシだけなんだよ!!!
貰いモヤシはしない、それがわたしの信条です。
いや、ふつうに誰もくれないですけど。


*****


そういえば散々揉めたキチガイ仕事相手と「貴女に依存しません、甘えません、仕事の話しかしません!」って約束を交わして仕事を再開したんですけど、まぁキチガイ相手に約束なんて意味を成すわけないですよね。
電話しろっつうから電話したら「遅い!なんで僕が電話欲しい時にくれないんですか!」などと罵倒されたりしています。わたしもキチガイ相手に一切の遠慮をやめたんで、冷静に正論をぶちかまして応対したところ「だって僕は親に愛されなかったんですよ!?仕方ないじゃないですか!!!」と逆ギレ、親に責任を転嫁しはじめました。

(ここから棒読み)
あーあーよくいるよくいる~。メンヘラとかキチガイって親に愛されなかった自慢大好きですよね~。
親に愛されなかった人は他人に迷惑かけていいんですか~。
へぇ~ずいぶんと都合のいいハナシですね~。へぇ~。
親に愛されなかった分、他人に愛されたいんですか~。へぇ~。
しょせん人間なんて死ぬときはみんな一人ぼっちですよ~。

………って内容をオブラートに包むどころかもうちょっと剥き出しにしてブン投げてみたら、電話切られました☆

きちがいに精神を汚染されすぎて、

呑まない理由がみつからない。

呑まない、理由が、みつからない。

お酒ほど甘い果実がこの世にあるだろうか(いやない)。

お酒を呑みながら、春爛漫でゲロお耽美な本がよみたい。
[PR]
by samuge-nikukyu | 2013-03-29 17:45 | 世迷言 |
<< 4月じゃなくても馬鹿 ページトップ 昨日までの君は今日はどこでなに... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon