スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
台湾は猫とゲイの楽園だった・その①
2012年 06月 06日 |
やっだーーー!!!
4月の台湾旅行記書くとか言っといてもう6月じゃなーーーい!
せめて次に台湾行く前には書くわ!書いたるわい!
次はなんとか年内に行きたいです!!!

しかし旅行記つってもですね、基本的に前回と同じ行動しかしてないんですよ。
台北で美味しいお酒を呑んで、美味しい御飯を食べて、ゲイ友達とゲイバーへ………そして伝説へ。
メンバーも前回のブロリー・ベジータ・ナッパさんは同じで、ヤムチャさんの代わりにギニュー隊長が加わったという変わらなさっぷり。
そんなこんなでアレなんで、前回と違った出来事抜粋で書いてきますね!


*****


まずはお約束の羽田で乾杯。
機内食を前に「しゃー!おらー!呑んだるでー!!」と気合十分なブロリーさんとわたし。

d0057595_0154980.jpg
ワインを入れるコップが小さいので、注いでもらってから数分でおかわりコールです。
しかし何回もスッチー呼ぶの悪いわ面倒くさいわで「2杯一気にください」「なみなみ注いでください」などの暴挙に出て数杯目、若干キレ気味のスッチーから「ワイン、もう無くなりました」という悲しいお知らせが。

………ぜったいウソやろ???

しかしわたしも立派な大人ですし、ぐっとこらえて「じゃ、じゃあビールください」と伝えたところ、持ってきてくれました。
あれ、まだ呑ませてくれるってことは、ワインが無くなったってのはウソじゃないのかしら?疑ってごめんねスッチー!ビールおかわりください!ビール無くなりました、と。
酔っ払いいい加減にしろよ、と。
すいませんでした。

*****

さて、台北についてホテルにチェックインです。
前と同じホテルが取れなくて、ブロリーさんがなんとか手を回して取ってくれたホテルです!ドヤァ!

d0057595_0323610.jpg
ええ、その道に詳しい方はお気づきでしょう。
レインボーフラッグです。
ゲイの方のシンボルマークです。
なんかねー、ホテルの下にハッテン場のサウナがあって、そこに併設してるホテルやってん…。
いやいやでもハッテン場はハッテン場、ホテルはホテルでしょ!?
部屋は普通のホテルなんでしょ!?

ちらり…。
d0057595_0422654.jpg

どう見てもダブルベッドです。全部屋ダブルベッドです。
二人で泊まれば料金ワリカンできます。おめでとうございます。
d0057595_044482.jpg
いや、でもホテルはとっても快適でしたよ!次回もここ泊まりたいもの!
だって2階(ハッテン場受付)でエレベーターが開いたとき、全裸の男性の看板があったんだぜー!
朝方ベランダでぼけっとしてたら、お隣の部屋のゲイカップルと目があったんだぜー!
腐女子がここで萌えないでどうするんじゃい!!!

ちなみに唯一の男性であったナッパさんが偶然レインボーカラーのスニーカーを履いており、いろいろ誤解が生じたとか生じなかったとか貞操の危機だったとかなんだとか。とっぴんぱらりのぷう。

眠くなってきたので、次回に続く!と思う!おやすみなさい!
[PR]
by samuge-nikukyu | 2012-06-06 01:09 | 旅行 |
<< 遊んでいるのではない。給料に合... ページトップ まだスパゲッティ・ブルースには... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon