スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
貴方つかまえたら決して逃がさないようにして
2012年 02月 11日 |
Q:何故わたしはダイエット中だというのに深夜3時にマヨネーズたっぷりカツ丼を食べていたのでしょうか。
A:酔 っ 払 い だ か ら★

うわーーーん!!!
わたしじゃないよ!言いだしっぺわたしじゃねんだよ!
そろそろ帰ろうかっつってんのに、自然に3軒目に吸い込まれてった友達がいけねんだよ!
3kcalしかないから平気だよ、とか大嘘ぶっこく友達がいけねんだよ!それを都合よく信じるわたしはただの馬鹿だよ!
ていうか根本的に家から徒歩30秒んとこに明け方までやってる呑み屋があるのがいけねんだよ!おまえふざけんな!うそですいつもお世話になってます!

3人でカツ丼をほおばりながら「ローザンヌ国際バレエコンクールを受ける子は先祖を3代前まで調べられて肥満がいたらはじかれる」という自虐的な話をしていました。
でもローザンヌ受ける子は呑み屋3軒ハシゴして深夜にカツ丼とか食べられないんだろうなぁ…!かわいそうだなぁ…!わたしがうらやましかろうなぁ…!(ぜんぜん、という声が聞こえてくるようだぜ)

ぼぼぼ、ぼくは、カツ丼ってお腹にたまらないような気がするんだなぁ。(白いタンクトップ姿で)


*****


Q:何故わたしは朝8時にコタツで目を覚ましたのでしょうか
A:酔 っ 払 い だ か ら★

「あたし朝までは呑まないよ!ぜったい!」つって呑みにでたんですよ、たしか。
まぁ気づいたら3軒目で朝を向かえましたよね。
毎度のことですが2軒目以降の記憶があやふやですよね。
しかもお財布に小銭しか入ってなくて友達に借金しましたよね。
帰り道、寒い寒いってゴネてたら友達が背中にホッカイロ貼ってくれましたよね。

わたしはいろいろと鈍い子供だったので、「遊ぼうよ」って誘われて嬉々として出かけていったら広場には誰もいなくて、みんな帰っちゃったのか場所を間違えたのかはわからないんですけど、ひとりぼっちでブランコに乗って待ってたら日が暮れて一番星どころかオリオン座が高く輝いていたりするような孤独な幼少時代だったんですけど、おとなになったらみんなが遊んでくれるようになったのでたいへんうれしいです。
そりゃあ酒もすすむわ。
夜も明けるわ。
仕方ないわ。

以上、朝まで呑んじゃった言い訳でした。
d0057595_19465378.jpg
すずちゃん朝の定位置・デロンギの上。熱くないんかい。

d0057595_19473685.jpg
ねぇねぇ、二度寝しないの?って言われて、断れたためしがない。

[PR]
by samuge-nikukyu | 2012-02-11 19:49 | 世迷言 |
<< 生きようとする 僕の心が ページトップ よろしく勇気! >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon