スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
酒と涙と男と男
2011年 12月 06日 |
越智にゃんのえりあしの匂いをかぎたい33歳うんこサラリーマンです、こんばんは。

い っ て き ま し た よ!
越 智 に ゃ ん デ ィ ナ ー シ ョ ウゥゥゥ!!!


わたくし前日にお友達のイベントのお手伝いに行ってまして、打ち上げでかなり呑んじゃってべろんべろんで朝4時に牛丼太郎のカレーを食べて満腹で帰宅して倒れて寝るという、女としてさいていって言うか、ディナーショウなどというブルジョワな響きのまるで似合わないウンコ酔っぱらいだったんですけど、がんばってお風呂に入って、苦手なマニキュア塗って、ゆいいつ持っているおしゃれなおべべ、お友達に借りたコート、お友達に借りたゴルチェのバッグ、お友達に借りた香水、美容師さんによる髪の毛メガ盛りにより、なんとかなりました!みんなありがとうあいしてる!
ここまで頑張れば、どっからどう見たって明け方カレーに紅ショウガを大量投入してもりもり食べていた三十路腐女子にはみえない!はず!た、たぶんね!ねぇ!?

さて、会場は目黒雅叙園・舞扇の間!
席に着くなり注がれたシャンパンをイッキ飲みしたら、手の震えがちょっとおさまりました。
そうなのよ、わたしアル中…じゃなくって、手が震えるほど緊張してたのよ。だって越智にゃんが越智にゃんで越智にゃんなのよ。あまりに震えるからナイフとフォーク使えなくてお箸持ってきてもらったわよ。おばあちゃんみたいだわよ。
隣にいらっしゃったお母様(50歳位)&娘さん(30歳位)とお話してたんですが、お母様が「25巻で白竜さんが死ぬじゃない?そこがいいわよね~!」と仰ったので曖昧に微笑んで返事を濁しました。なぜならわたしの首領への道は24巻で完結しているから。越智にゃんは死なへんのや。
そのお母様に「わたしは10巻がいっとう好きなんですよ!」と興奮気味に語ったら、お母様も曖昧に微笑んで返事を濁したので、相容れないな、とおもいました。
ちなみに白竜のファンはお母様で、娘さんは付き添いだそうです。
「白竜さんが大好きなんです!」って言ったわたしに「まだお若いのにねぇ…」と不思議そうにしていたお母様の顔が忘れられません。まさか極道BL萌えしてるなんて微塵も思ってないんだろうな…。もしお母様がわたしの書いた越智にゃんりょうじょく小説を読んだら卒倒してしまうんじゃないかな…。優しいわたしは思わず心配になってしまいました。

そんなこんなで1時間ほどディナーを堪能したところで照明が落ちてスクリーンに映像が流れ始めました。
越智にゃんの小さい頃からの写真が思い出アルバムのように映ったので、まるで結婚式のようでした。もちろん鉄太郎と越智にゃんの。森の小さな教会で。くちづけしちゃえばいいのに。ねぇ。
で、越智にゃんの出演映画の名シーンが流れ始めたあたりでシャンパンとビールとウーロンハイを大量に流し込まれたわたしの膀胱が限界を迎えまして、映像は見逃したくないけど越智にゃんにお逢いする前に漏らすわけにもいかないのでダッシュでトイレへ。
あの、あの、わたしが見逃した数分間に、越智にゃんの半裸シーンとか、水浴びシーンとか、全裸シーンとか、にゅ、入浴シーンとか、あ、あまつさえ陵辱シーンとか、ありませんでしたか!?ありませんでしたよね!?そんなお宝映像を見逃していたら死んでも死に切れない。
ちなみに「首領への道」映像は劇場版でした。なんでや。

さあ、いよいよショウタイム、越智にゃん登場ですよ!
ステージでバンドが演奏を始め、ホール後ろのドアから越智にゃんが歌いながら登場。
うおおおおおおおお!ディナーショウっぺええええええぇぇぇぇぇ!!!
そのまま各テーブルを回って、お客様と触れ合いながらステージへ向かうコースです。
ココです!越智にゃんを舐めるなら、匂いを嗅ぐなら、お触りするなら、ハメ撮るなら、ココが唯一のチャンスです!
よぅしおまえら、アタシの生きざまをとくと見るがよい!


結論:む り で し た☆


いや、そんなん思う存分行けよ、とお思いでしょう。
ええ、確かに、仰るとおりでございます。
ていうか、心はもうすでに越智にゃんをアレコレする妄想へ飛んではいたのですよ、いたのですが。
いかんせん、アレですよ、いくらわたしと言えども多少の羞恥心がですね。


握手しただけでいっぱいいっぱいだった。


ヘタレですいません。
でも握手した数秒間、
おもむろに視姦。
念入りに視姦。
まだまだ視姦。
やりすぎて目から血が出るかとおもいました。

ちなみに隣のお母様はその一瞬で握手&ツーショット写真までこなしていました。
わたしが握手した後「ツーショットは!?撮ってあげるよ!?」と言って下さったのですが、わたしが興奮のあまり吐きそうになっていたので無理でした。

その後は越智にゃんのお歌ステージ、チャリティーオークションがあり、無事に終了。
終演後、トイレに行ったら玉姫様が乱心しておりました。血ぃ巡りすぎやろ、わたし。
地元に戻って、わたしに「首領への道」を薦めた友達をつかまえて呑み屋にひきずりこんで、ものすごい泥酔ハイテンションで一部始終を語り「来年は一緒に行こうよ!」と誘うも見事に撃沈。
ちょ、おま、越智にゃん好きならハートで来いや!

そしてホンモノの越智にゃんは、とてもとても魅力的でした。
男の色気が匂い立ち過ぎて目に滲みるほどのBL小説が書けそうだわ。いや、書かないけど。
そんなこんなのディナーショウでした。
越智にゃん効果でお肌つるっつるですよ。
[PR]
by samuge-nikukyu | 2011-12-06 00:31 | 越智にゃん |
<< ここが俺の原点 ページトップ バージンロード進んでゆく晴れ姿... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon