スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
旅立ちはいつも突然
2011年 10月 18日 |
15日、友人宅のワンコが亡くなりました。11歳でした。
乳癌がリンパに転移しちゃって、どうにもならなかったとのことでした。
彼女と電話で話したのですが「寝てるみたいに穏やかな顔してるよ、苦しんであまり寝られてなかったから、今は幸せそう」という言葉がさすけさんとリンクしちゃってわたしの涙腺が決壊・号泣、逆に慰められて電話を終えるというどうしょもないていたらくです。

なんかもー、あーもー、今年はキッツイ年だなぁ。
数年前、自分が離婚した挙句お婆ちゃんと愛犬チロさんが立て続けに逝ってしまった年もありましたが、それを遙かに上回る勢いでダークサイドに突入しております。人生で一番お酒を呑んでいる気がする。
こういう時は仕事が絶好調になるってのも皮肉なモンだぜ…。


*****


最近のわたしはと言いますれば、ラーメン屋でたらふく食べた直後に知らないお婆ちゃんが野菜炒め定食半分くれたり、フリマに出店したものの酷い二日酔いでゲロを吐きながら接客したり、友達を家に招待してみんなでタコヤキしながら日本GP見ようぜ!って張り切ってたらロッシが1周目でコケたり、近所の野良子にゃーんの数がどんどん膨れ上がって嬉しい悲鳴だったり(現在10匹くらい?)、芋煮会でお酒呑みすぎてわたしの脳が煮え煮えだったり、エロゲーやったりホモゲーやったりしています。

24日はさすけさんの四十九日、恐らく仕事がクライマックスジャンプです。だいじょうぶかわたし。
さすけさんの魂がいまどこにいるのかはわかりませんが、先日すずちゃんが5分間ほど微動だにせずマジで中空をガン見してたので、ああ、いるんだな、と素直に思いました。生まれ変わるためには成仏しなきゃ、とは思いますが、さすけさんがココに居たいならずーっと居てもいいのよ。
d0057595_016572.jpg
すずちゃんはピンクがお似合い。

[PR]
by samuge-nikukyu | 2011-10-18 00:20 | ニャンズ |
<< 最高を求めて終わりのない旅をす... ページトップ ずっと夢を見て 幸せだったな 僕は >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon