スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
さよならをおしえて
2011年 09月 22日 |
さすけさんが居なくなってもう半月、時の経つのが早すぎて、なにしてたんだか記憶が曖昧です…。

未だに一人酒ですずちゃんを撫でながらぐだぐだ泣きモードに入ってそのまま寝オチする生活です。
友達といたり仕事してたりと、スイッチが入っているときは普通に動けるんですが、一人になってスイッチ切れちゃうとまったく動けません。スイッチが切れないように、髪の毛をバッサリ切ったり、本をごっそり手放したりと無理矢理な行動をしてみたんですけど、やっぱり朝起きてソファに座って、気がついたら深夜だったりします。
おぅい、わたしの休日どこいった。

そんな生活なんですけど、先日、予約してたBLゲーム「裸執事」が届きまして。
直前までしおしお泣いていた状態で受け取って中身確認して、「愛猫を失って悲しみにくれる下僕」と「お馬鹿18禁BLゲーム」というあまりの落差に泣きながら爆笑してしまいました。
もうこれアレか、さすけさんが「下僕の人はずーっと泣いててうざいから、ちょっと萌え成分補充したらいいんじゃないか」って言ってんのかもねかもねそうかもね!ようし、手ぇつけてみるか!って始めてみたら予想以上に馬鹿ゲームだったのでけっこう元気でた。
思い出した、わたし単細胞だった。

さすけさんを失って心にぼっかり大きな穴があいて、その穴を塞いじゃいけない、さすけさんを忘れたらいけない、と思い込んでたんですけど、さすけさんを忘れるなんてありえないし、その穴に日々の生活の小さな幸せをちょいちょい詰め込んでくのは許されるのかもしれんなぁ。

あー、でもでもでもさすけさんに逢いたいわー。
さすけさぁん!夢でいいから腹毛もふもふさせろー!
本気で願えば月も太陽になるはずさ、ってえいじくんが歌ってたので、本気で願っとこう。さすけさんの写真を枕の下に敷いて寝よう。そうしよう。とりあえず現像しなきゃですね。まだ写真見ると泣いちゃうんで避けてるんですけど、裸執事やりながらなら写真を見られるかもしれない。下僕がんばってみる。

友達が「ちゃんと食べなさい!」って御飯持ってきてくれたり、初七日というタイミングに麗しく狂い咲いた月下美人ちゃんを見せにきてくれたり、呑みに連れ出してくれたり、メールもらったり、頂きものしたり、ブログでコメント頂いたり(お返事お待ち下さい)、人様に助けられてなんとかやってます。
ありがとうございます、ありがとうございます。
世界はこれを愛って呼ぶんだな。
d0057595_2254118.jpg
友達が愛情こめまくって作ってくれた、さすけさん骨壷カバーという名の、
さすけさんの世を忍ぶ仮の姿(天国で毛皮着替えるまでね)。

d0057595_22114683.jpg
かわいすぎるだろ。

d0057595_2212396.jpg
シッポもちゃんとさすけ仕様のカギなんだぜ!
毎日なでくりまわして、寝るときは寝室まで連れてってます。うふふ。

[PR]
by samuge-nikukyu | 2011-09-22 22:18 | ニャンズ |
<< ずっと夢を見て 幸せだったな 僕は ページトップ さすけさんさすけさんさすけさん >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon