スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
人間に見られてはいけない
2011年 07月 26日 |
ハァイ!首領への道のカップラーメンは内側の線まできっちり湯を入れる方、越智俊英です!

今日はいちにちじゅう夏コミのカタログをチェックしてたんですけど、困ったことに「首領への道」サークルがみつかりませんでした。
タイバニを軽く凌駕するくらいの流行ジャンルだというのに(わたしのなかで)!
そしてこんだけ探して見つからないってことは越智にゃんは小人なのかもしれない妄想が止まらなくなり、仕事そっちのけで「借りぐらしの越智にゃん」を妄想してました。コクリコ坂は見ていないっ!

とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。
その床下で、白虎会2代目会長・越智にゃんはひっそりと静かに暮らしていた。

そんなある夏の日、その屋敷に、
鯵倉組若頭・押川勝次がやって来た。

人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。
それが床下の小人たちの掟だったが、越智にゃんは押川に姿を見られてしまう。
越智にゃんは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、次第に押川に近づいて行く。

人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?

「おまえは、組全体を危険にさらしているんやぞ」
越智にゃんは、鉄太郎に反発する。
「ワシには人間がそんなに危険だとは思えまへんのや」


………なにこの萌えるアリエッティ。
押川につまみあげられちゃって瓶詰めにされちゃっていたずらされちゃう小人越智にゃんとかたまんないんですけど。って話を先輩に熱く語ったら「俺、いまマジでドン引きしてんだけど」っていわれました。なにをいまさら。だってわたし、越智にゃんが絡むと純粋に変態なんだもの。掛け値なく変態。ザ・変態。でもオタクなんてみんなそんなもんですよね。そんで、じぶんではそれほど変態でもないとか思ってたりするのでタチが悪いです。

越智にゃんはまじで可愛い(かわいいかわいいかわいい…)←エコー
アタイに首領本をーーー!!!
越智にゃああああああああああん!!!

いやー、どうしたもんだろ。
ほんとに自分で本出すしかないレベルだわ。
d0057595_040054.jpg
うちの可愛いアリエッティ。
朝っぱらからテンション高い下僕に写真撮影されて、ウザ!ってなってるすっちゃん。

[PR]
by samuge-nikukyu | 2011-07-26 00:49 | 越智にゃん |
<< 高円寺の片隅で。 ページトップ マレーシア料理は八角ごっそりだった。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon