スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
台湾は神の国だった <2日目>
2011年 07月 16日 |
台湾2日目、ヘパリーゼ先生のおかげで元気に起床。
本日一発目の予定はお茶の里「猫空」!マオコンと読むッ!
地名を見ただけで我が家のニャンズが恋しくなったりして大変ッ!

そういえば2日目辺りから4人の中で「まんべくん」が流行りだし、全員口調がまんべくんでした。
例:語尾に「ッ!」がつく、「クンッ!」「ピャーーー!」など


箸が転げてもおかしい酔っ払いです。





猫空に行くにはロープウェイで山を登っていくんですが、そのロープウェイが見たことない高さと長さでした。
男性陣は「タマがキュンとする」つってました。
高いとこが大好きな馬鹿ことわたくしは、はぁはぁしてました。d0057595_17334.jpg

20分くらいロープウェイに揺られて猫空に到着。
地名に「猫」!
看板に「猫」!
さあ!愛しい猫様はどこにいらっしゃるのだ!!!
d0057595_1133176.jpg

………黒ワンコ様がいらっしゃった。
犬欲全開猫なで声で近づいてルパンダイブしようとしたら、かなり脅えてました。ご、ごめんね…。
d0057595_115509.jpg

ブロリーさん(台湾渡航11回目)行き着けの茶葉料理のお店。
オープンテラスで景色が良く、静かで落ち着いた佇まい、美味しいお茶と料理、ゆっくり流れる時間…ああ、わたしたち、忙しない日常に追われて気付かぬうちに大切な何かを喪失していたのかもしれない、どれだけ技術が進歩しても、かわいそうなロボットを犠牲にしても、人は大地を離れては生きていけないのよ!………って浸りかけたところへ蜂襲来。狙い撃ちされるわたしたち。なぜなら他に客がいないから。
d0057595_1738134.jpg

お茶はこんなふうに一式出てきて、自分で入れて飲み放題。d0057595_1753144.jpg

これ欲しかったんだけど、売ってなかったわぁ…残念。d0057595_17534040.jpg

そして茶葉料理ーーー!
まじうまかった!まじうまかった!ボキャブラリーが貧困なことをこんなに怨んだことはない!
でもまじうまかった!!!とくに真ん中の2つ、茶葉チャーハンとタケノコ炒めが人生でいちばんうまかった!
ちなみに、まだ全員ノンアルコールです。お茶が美味しくてねぇ…。
d0057595_184428.jpg

山全体がこんなふうに茶畑です。もうわたしここに居を構えて、悠久の時は流れ、人は変わり、やがてはいかなる時代も過去の歴史の一節に繰り入れられ………蜂怖いから無理ッ!
d0057595_18122058.jpg

お店のテラスに猫様がいらっしゃった…。
サン×オさん、こんなところでも大活躍やでぇ。パチモンやけど。d0057595_18134052.jpg

さて、帰りもロープウェイで下山です。
帰りはただのロープウェイじゃないのよ、スケルトンなのよ!このチャレンジ精神、嫌いじゃないわ!
ナッパさんが脅えて「これ落ちたら死ぬんだろうな、痛いんだろうな…」って呟きだしたので放置。
d0057595_18192554.jpg

ここからは男女別れて別行動です。
男性陣は魯肉飯(ルーローハン)のお店へ、女性陣はマッサージへ。
マッサージがすごい高級店でした。完全個室でシャワーブース付き・全身オイルマッサージ90分=1万しないの!日本だったら3~4万するわ~!アロマの香りに包まれてレモングラスのお茶を頂き、静かな部屋でカルテを書きながら、ひたすら乳首と性感帯の話をするブロリーさんとわたし。わたしたちは、台湾まできて、いったい…。そしてマッサージが気持ちよすぎて昇天。

*****

男性陣と合流して、酒!!!夕方六時なのにアルコール入ってないとか奇跡!
マッサージで血がギュンギュン巡ってるけど気にせず呑むぜ!
まずは小龍包のお店を襲撃ッ!
ビールビールビールぅ!!!(コップかわいい)
d0057595_18471513.jpg

小龍包小龍包小龍包ぅ!
ノーマル小龍包×2、かにみそ小龍包、ウーロン茶小龍包を食べつくし、紹興酒カモーン!
d0057595_18482187.jpg

小龍包とお酒で胃をぱんぱんにした後は、さて、海鮮料理のお店へ行こうか…なぜならわたしたちはデブだからね…!
店頭で食材を選んで、調理法も好きに指定できます。
d0057595_18561412.jpg

アサリ炒め、キビナゴ唐揚げ、タケノコ炒め…なんていうか、遠まわしに言うと頼みすぎなんですけど、ええと、みんなの胃になにが起きてるのかわかんないけど、がんばれみんな。
d0057595_1857189.jpg

そして極めつけの蟹おこわ!どーーーん!!!
蟹は幸せの味がしたヨ…アタイ、死んでもいいって思ったヨ…蟹、ほんとに、おまえは、立派だよ。
d0057595_18592395.jpg

ここまで盛り上がっといてなんですけど、台北の夜はこれからです。
さて、行こうか、ゲイバーへ…。
d0057595_1993561.jpg
まぁ後はいつも通りの酔っ払いコースなんですけど、海馬が崩壊したわたしの脳ミソが覚えている3つの出来事。

1.ジョッキを持ち上げるのが面倒くさくなり、ストローで酒を呑み始めた(このあたりから記憶が曖昧)
2.ナッパさん(歌うまい)がカラオケを歌い始めた瞬間、店中のゲイが一気にナッパさんロックオン
3.「ヤバそうだったら彼女のフリしてね」って言われてたけど、隣のおじ様が「カレ、あなたの恋人?」って聞いてきたのでおもしろくなって「いいえ違います、彼はフリーです」とナッパさんを売った

あーおもしろかった!
………と、ここで終わらないのが酒呑みです。あんま憶えてないけどもう1軒いったよ!だって帰りたくないじゃない!楽しい夜は永遠に続くものじゃない!ブロリーさんのお友達・ケニーも一緒だよ!
そしてまたもや食べすぎで呑みすぎだよ!
d0057595_19223248.jpg

で、ホテル帰ってからブロリーさんがゲイバーに財布を忘れてきてることが発覚、ケニーがバイクで届けに来てくれて、寝たのが4時くらい…だった気がします。

ものすごい達成感です。人生の目的を果たした気がする。わたしの人生、残りはおまけだ。
あまりにも満足して、いっそこのまま人生を終えてもいい気もしたのですが、そりゃああんまりだろ、と思い直して3日目に続く。
[PR]
by samuge-nikukyu | 2011-07-16 19:29 | 旅行 |
<< チャック開けて出てくればいいのに ページトップ 台湾は神の国だった <1日目> >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon