スタジオハルク 跡地
samutama.exblog.jp
  Top
三十路、羽田に立つ
2010年 10月 26日 |
アテンションプリーズ★

原稿持って印刷所(神楽坂)へ向かってたのに、いつの間にか羽田空港に到着したでござる。
乗り過ごしたとか反対方向だったとかじゃなく、複雑な乗換えを無意識にこなして羽田空港に到着したでござる。
「読んでた本がおもしろすぎて…」って言い訳すら通用しないレベルで、しっかり羽田空港に到着したでござる。


…わたしは漫画原稿を持ってどこの国へ旅立とうと言うのか。
…えー、じゃあねー、にじげんのくにーーー☆☆☆


………はああぁぁぁぁぁ。
自分では結構しっかり者だと思ってたんですけど、これはそろそろ意識を改めたほうがいいかもわからんね…しっかりしてないどころかウッカリっていうか、ちょっと脳を疑ったわ。いや、身近に超人レベルのウッカリさん(出かけるときに財布・携帯・眼鏡を忘れるのはデフォルト)がおりまして「彼に比べたらわたしなんて!」って思ってたんですけど、彼に追いつく日も遠くないかもしれません。

まぁ思い返してみれば自転車で出かけたことを忘れて歩いて帰ってきたり、自転車止めた場所を忘れて「盗まれた!」ってテンパってみたり、お寿司食べながら「お米食べたい」って言い出したり、夢で見た事を現実と混同したり、同じ日に同じ雑誌を2冊買ったり、お酒呑んですべてを忘れたり、ニャンズが可愛くて可愛くて泣けてきたり、ああ、やっぱりわたし脳が悪いんだわ…!
だれかマッサージしてあげて!
脳のツボ押してあげて!

とりあえずきょうは寝ます!
しっかりするのは明日から!
d0057595_23581682.jpg
すずちゃんの脳マッサージちゅう。うらやましい。

[PR]
by samuge-nikukyu | 2010-10-26 00:03 | 世迷言 |
<< 三十路、中華街に立つ ページトップ 下僕とご主人様のワンダフルワン... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainbow Skin by Sun&Moon